KUE Math

取得可能な免許

2019年度入学生

 京都教育大学では、他のいくつかの教員養成系大学とは異なり、入学者選抜の際に「小、中学校、高等学校」などのコース選択を要求せず、 入学後に自分の進路希望に合わせて、小学校教員を目指すのか、中学や高等学校教員を目指すのかじっくり選べる仕組みになっています。 これを「卒業要件となる主免校種」と呼び、数学領域の場合「小主免」「中主免」の2つのパターンから選択していきます(ただし、推薦入学での入学者は「小主免」です)。

  • 小主免
  • 卒業のために必要な最低取得単位数(135単位)内で「小学校教諭一種」「中学校教諭二種(数学)」の免許状が取得可能
  • 中主免
  • 卒業のために必要な最低取得単位数(135単位)内で「中学校教諭一種(数学)」「高等学校教諭一種(数学)」「小学校教諭二種」の免許状が取得可能

     これらは卒業のために必要な最低取得単位数で取得できる免許状であり、さらに卒業のために必要な最低修得単位数(135単位)を超えて所要の単位を修得することで 「小学校教諭一種」「中学校教諭一種(数学)」「高等学校教諭一種(数学)」や 他の領域で取得可能な免許状を取得することもできます。よって、多くの学生が「小学校教諭一種」「中学校教諭一種(数学)」「高等学校教諭一種(数学)」の免許状を取得し卒業していきます。 ただし、授業時間割等の制約によって、他教科の免許状は4年間では追加で取得できない場合もあります。

     詳しくは下の「大学案内:デジタルパンフレット2019(大学作成)」の21,22ページをご覧下さい。

    リンク

    大学紹介動画(大学作成) »

    大学案内:デジタルパンフレット2019(大学作成) »

    大学案内:デジタルパンフレット2018(大学作成) »

    大学案内:デジタルパンフレット2017(大学作成) »

    大学案内:デジタルパンフレット2016(大学作成) »

    京都教育大学 シラバス

    京都教育大学 メインウェブサイト

    ページのトップへ戻る