Takeshi Fukao, Department of Mathematics, Kyoto University of Education

研究室: A棟4階 1A401
オフィスアワーはこちら
HOME > 教育 > 解析学序論I

教育Education

2020年度: 解析学序論I (前期 2回生以上 4単位)

連絡事項:

* 「解析学序論I」の評価方法を、当初の予定からレポート課題提出による評価に変更します。この講義の内容についてレポートによる評価は難しく、筆記による評価が最もよいのは間違いないです。 また、定期試験に向けて準備してきた人にとっても筆記による評価が行われないのは残念に感じると思います。しかしながら昨今の新型コロナウイルスの状況とレポートのための日数を考えると、代替の試験日を設ける努力を続けるのではなく、 8/6の段階でレポートによる評価に切り替えざるを得ないという判断に至りました。レポート課題はこちらです。また、課題提出時に自習シートや記録表の提出はしないことで今年度は対応します。(8/6)
* 金曜日3,4限目の「解析学序論I」について8/7(金)の試験が中止になったため、レポート課題提出による評価に変更します。レポート課題の詳細についてはこのwebにて近日中に連絡します。(8/6)
* 8/5(水)14:00現在、大学より8/7(金)まで休講の通知が出ましたので8/7(金)の定期試験はお休みです。それに代わる定期試験については決まり次第連絡します。大学からの一斉メールに注意して下さい。(8/5)
* 8/4(火)18:00現在、大学より定期試験に関するアナウンスは出されていないため、8/7(金)の定期試験は予定通り行います。しかし、今後の大学からのアナウンスによっては変更される可能性もあります。大学からの一斉メールに注意して下さい。(8/4)
* 7/31(金)の講義で取り扱った近似式についての問題も出題範囲とします。(7/31)
* 7/31(金)の講義は可能な限りGoogle Meetを利用してオンラインで参加をして下さい。ただし、どうしても対面講義でしか参加できない場合には通常の教室に集合して下さい。 会議IDはKUEメールによる案内を確認してください。SNS等で拡散しないように各自で管理してください。 開始時間は12:45を予定しています。 なお、疑問点については深尾にメールで直接連絡ください。(7/27)
* 講義中に計算練習をした積分の問題については、7/31の講義で扱う計算問題との選択問題として出題します。(7/27)
* 7/3(金)の講義中に紹介した g(x)=x sin (1/x)のグラフを紹介します。下へ行くほど横軸のメモリが大きくなっていきます。(上へ行くほど原点付近を拡大しています。)
 

右端 x=3pi/16 付近 

右端 x=pi/4 付近 

右端 x=3pi/8 付近 

右端 x=3pi/4 付近 

右端 x=3pi/2 付近
 
* 5/29(金)もGoogle Meetを利用したオンラインによる補助解説を行います。会議IDはKUEメールによる案内を確認してください。SNS等で拡散しないように各自で管理してください。 開始時間は12:45を予定しています。可能な人はGoogle Meetの準備をして参加して見てください。 なお、疑問点については深尾にメールで直接連絡ください。(5/14)
* 5/22(金)にGoogle Meetを利用したオンラインによる補助解説を行います。会議IDはKUEメールによる案内を確認してください。SNS等で拡散しないように各自で管理してください。 開始時間は12:45を予定しています。可能な人はGoogle Meetの準備をして参加して見てください。 「教育支援システム(Live Campus)を通した課題提示」を補完する形で毎週行っていこうと考えています。 なお、疑問点については深尾にメールで直接連絡ください。(5/14)
* 自習シートは講義前と後の自学自習のための補助教材です。特に1回生次に大学数学が苦手だと感じた学生はこの自習シートを有効に利用して下さい。(4/17)
* テキストは、
 
   「理工系の微積分」 吹田信之-新保経彦 共著 学術図書
 
を用意して下さい。(4/17)
* 解析学序論は他の科目と異なり4単位(必修)で設定されています。この後の学年に続く一連の解析学の講義のためにもあらためて気合いを入れ直して受講して下さい。 この講義ではこれまで学習してきた算数・数学の知識についてあらためて疑ってみる視点を重視します。 特に当たり前と思える事柄について「厳密な定義は何か」「なぜそう言えるのか」「論理の根拠は何処にあるのか」 という視点を持ち、必要最低限の「公理」とこれまで学んできた「定義」の再確認の後、 当たり前と思える「定理」の厳密な証明を通じて算数・数学の教員として必要な知識や技能の習得を目指します。 詳細についてはシラバスを参照して下さい。(4/17)

課題と解説:

  •  レポート課題 (2020/08/06)
  •  課題 (2020/5/22)

自習シート:

  •  第9回自習シート解説 (2020/7/27)
  •  第9回自習シート (2020/7/10)
  •  第8回自習シート解説 (2020/7/10)
  •  第8回自習シート (2020/7/3)
  •  第7回自習シート解説 (2020/7/3)
  •  第7回自習シート (2020/6/25)
  •  第6回自習シート解説 (2020/6/25)
  •  第6回自習シート (2020/6/12)
  •  第5回自習シート解説 (2020/6/12)
  •  第5回自習シート> (2020/6/5)
  •  第4回自習シート解説 (2020/6/5)
  •  第4回自習シート (2020/6/4)
  •  第3回自習シート解説 (2020/6/4)
  •  第3回自習シート (2020/5/22)
  •  第2回自習シート解説 (2020/5/22)
  •  第2回自習シート (2020/4/27)
  •  第1回自習シート解説 (2020/4/27)
  •  第1回自習シート (2020/4/16)
  •  自習シート提出用表紙 (2020/4/16)

 これらのファイルはすべて pdf ファイルです. pdf ファイルは Adobe 社 の無料ソフトウェアAdobe Reader を使って閲覧可能です.

アクセスカウンター
Copyright(C) Takeshi Fukao, Kyoto University of Education, All Rights Reserved.